地元地方銀行の不動産担保ローンの体験談

ぐっと利息を抑えられました

申し込みから融資までスムーズに行うことができ満足しています | ぐっと利息を抑えられました | 下調べして申し込むのが賢明です

ちなみに、私が契約した地方銀行の不動産担保ローンの金利は年3.0%ほどの金利です。
返済期間は5年間として契約しているので、毎月の支払いは利息含めて2万6,000円といった金額になります。
一般的なマイカーローンやディーラーローンも検討して利息計算をしてみましたが、利息総額は5万円ほど不動産を担保にした金融商品の方が安かったです。
また、不動産を担保にした金融商品の方が、審査通過までがとても早いような気がします。
以前マイカーローンを利用した時の審査は2週間ほどかかりましたが、不動産を担保にした審査であれば1週間ほどで審査結果が分かりました。
必要書類に関しては、不動産を担保にしたローンの方がやや用意する書類の数が多く、マイカーローンよりも申し込みまでの準備がやや大変でした。
特に土地の登記済権利証や登記識別情報通知書などを用意することがやや面倒になります。
登記済権利証や登記識別情報通知書の申請は総務局に郵送によって行ったのですが、申請から受け取るまでに2週間ほど時間がかかってしまいました。
そのため、それらの書類を用意することや、準備するまでが不動産を担保にしたローンのデメリットになります。
また、申込書類への記入もマイカーローンよりもやや面倒と感じることがあり、見慣れない言葉や文言なども出てきます。
ただ、申込書類を記入する際には、地方銀行の行内で行ったので、わからないところがあれば、銀行員の方が親切に教えてくれました。
そのため、必要書類の用意や記入などが終われば、マイカーローンやディーラーローンと同じように、後は審査結果を待つだけです。
それと、私が利用した地方銀行の場合には、口座設定をセットにすることで、金利を割引してくれたので、地元のディーラーが提供しているディーラーローンを利用するよりもぐっと利息を抑えられました。